適切なニキビ治療を行う方法

ニキビのタイプ別の治療について

ニキビのタイプ別の治療について

ニキビというものは、白ニキビ・赤ニキビ・黄色いニキビといったタイプ別に分けられています。

 

ニキビ一つ一つに対して有効な治療法も違うため、症状に合った治療をしていきましょう。

 

白ニキビについて説明すると、過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まることによって、その場所が白く盛り上がっている状態を言います。

 

この段階では炎症は起きていないため、必要以上に触って刺激しないようにする必要があります。

 

白ニキビはニキビ症状の中では軽いタイプなので、バランスの良い生活習慣と正しいスキンケアを続けることで悪化するのを防ぐことができます。

 

赤ニキビに関しては、ニキビが赤くなり炎症を起こしているのが特徴です。

 

酷いケースになると、化膿や痛みを感じる場合もあります。

 

赤ニキビに有効な治療の方法は、外用薬で効果がある場合や、同時に抗生物質を服用するケースもあるようです。

 

女性ですと、長い爪・髪の毛による刺激が原因で悪化することも珍しくないので、治療は早めに行なうことを心掛けましょう。

 

これ以上炎症を悪化させないように薄いメイクを意識して、正しい洗顔を欠かさないことが大切です。

 

それに加えて、毛穴が大きく盛り上がって赤黒い色になる、紫ニキビといわれる状態になることもあります。

 

紫ニキビについては、毛穴に老廃物が蓄積されたり、血流が良くない人に多く見られるニキビです。

 

食事のバランスが偏っていたり、過度のストレスなどが要因になるケースもあるようです。

 

紫ニキビに対する治療は、老廃物を排出するための薬を処方することで治療を進めていくようです。

 

これらの場合を考えても分かるように、種々のニキビタイプに対して最適な治療の方法も異なるのです。

 

まずは自分のニキビタイプについてよく知ることから行ないましょう。

 

 


ニキビのタイプ別の治療について関連ページ

背中ニキビの治療について
ニキビ跡の為の治療について

ホーム RSS購読 サイトマップ